• ホーム > 
  • 管理システムを選ぶポイント

管理システムを選ぶポイント

管理システムを導入する際には、いくつかのポイントを押さえておくことが重要です。単に機能を評価するのではなく、そのシステムが本当に自社にとって最適かどうかを見極めるよう心がけましょう。こちらでは、管理システムを選ぶポイントについてインネットがお伝えします。

管理システムの選ぶポイント

本当に作業効率化ができるのか?

本当に作業効率化ができるのか?

たとえば、これまでに「二重入力」「二重管理」が行われていたのなら、システム導入によってこれが改善できるのかどうか作業効率化に関わる大きなポイントです。「多くの機能が搭載されている」「見やすい・分かりやすい」というのは、あくまで目的達成のための一要素でしかありません。何のためにシステムを利用するのか目的を明確にし、その達成に向けた環境づくりを推し進めましょう。

現場の要求に対応できる機能かどうか?

現場の要求に対応できる機能かどうか?

現場での運用に適したシステムに仕上がっているかどうかは大前提。これができていなければ、導入する意味はありません。業務担当者はもちろん、それ以外のスタッフにも使いやすく、分かりやすい設計かどうかが重要です。その上で、最低限必要な機能が揃っているかどうかを確認すると共に、便利な機能はあるか? 逆に、余計な機能がないか?をチェックしましょう。

将来的なカスタマイズ性はあるかどうか?

将来的なカスタマイズ性はあるかどうか?

事業が拡大していった場合には、規模感に合わせてシステムを改変していく必要に迫られることがあります。この際に、どの程度まで機能が拡張できるかは重要なポイントです。柔軟にカスタマイズが行えて、最終的には基幹業務のすべてをまかなえるようなシステムを採用しておくと将来的にも安心です。

長く使い続けられることができるか?

長く使い続けられることができるか?

業界の動向に合わせて、システムは常にアップデートを繰り返すのが一般的です。この際、どの程度のコストがかかるのか? バージョンアップがスムーズに行えるのか?といった点は要確認項目のひとつ。制度改正やIT環境変化への対応に素早く対応でき、かつ費用を抑えられるかどうかチェックしておきましょう。

生産・販売戦略立案に必要な情報を活用できるか?

生産・販売戦略立案に必要な情報を活用できるか?

経営判断を行う上で、販売・在庫管理システムのデータは必要不可欠と言っても過言ではありません。さまざまな集計方法に対応しており、多角的な分析が行えるようなシステムを導入できれば、多くの場面で役立つでしょう。

業界知識が豊富な会社・担当者かどうか?

業界知識が豊富な会社・担当者かどうか?

販売・在庫管理システムの導入には、業界特有の複雑な業務プロセスを理解し、適切な設計を提案できる会社・担当者の存在が欠かせません。機能が豊富なことは魅力のひとつではあるものの、それが作業効率化につながるかは別物。大切なのは、それぞれの会社に合わせた設計がなされているか、そして柔軟なサポートを受けられるかどうかです。

基礎情報